So-net無料ブログ作成
検索選択

行く鳥・来る鳥・通り過ぎる鳥 [鳥達]

IMG_4666.JPG
センダイムシクイ(仙台虫喰い)学名 Phylloscopus coronatus
英名 Eastern crowned willow warbler (意味:戴冠柳鶯)

ヒゲ面のセンダイムシクイ。虫を食う鳥は口髭があるようだな。
そしてこの鳥の声は「焼酎一杯グイー」と聴きなしされます。
ワイルドだな。
 
いや、確かにこの日、そのグイーという声を聴きました。
いろんな鳥の声が次から次へと聴こえて来ました。
 


IMG_4649.JPG
わが散歩道は、ホオジロの姿を見ない時はないです。
高い枝で縄張りを主張しています。
側の藪にはメスが地鳴きしています。
 
声だけなら、ウグイス、キジ、コジュケイも常連で、
IMG_4728.JPG

それに、まだ、
IMG_4796.JPG
アオジも何羽か残っていて、いつも同じ場所で見ることができます。
でも、そろそろ行く鳥ですね。今年は少し帰り遅れているようです。

同じように帰り遅れたアカハラが木々の向こうに消えた後には、
IMG_4664s.jpg
センダイムシクイが(クリックすると大きい写真が開きます。) 
すぐ側にとまりました。
枝被りだし、少し暗かったし、近すぎてフォーカスが合わずに苦労
しましたが、まあ、1~2枚は満足できる写真が撮れました。

センダイムシクイは、この辺りでは通り過ぎる鳥ですね。
 
写真で満足できるのはこれくらいでしたが、満足できないのはいろいろ。
IMG_4709.JPG
そして、それはキビタキだったりもします。
これも通り過ぎる鳥ですね。
奥日光に行く途中か。

 
IMG_4734.JPG
散歩道のレンギョウはそろそろ葉が出て来ました。
 
IMG_4785s.jpg
キジも。(これもクリックすると大きな写真が開きます。)

そして、
IMG_4703.JPG
カラスに追われていたのは、これから数ヶ月いてくれる鳥。
 
この鳥は、別の写真もあるので別に載せます。
 



おまけ:
今日は春の叙勲のニュースが新聞に載っていましたね。
数少ない立派な勲章は政治家や大学の先生のためにあるので、
面白くないのですが、紫綬褒章に萩尾望都先生が選ばれた。
70年代、80年代に漫画にどっぷり浸かった者にはとても大切な
ニュースだけど、テレビも新聞も「役所公司さんらが紫綬褒章」と
報道されることが多く、喜びに水を挿された気がしました。
くそみそまとめて「マスコミは皆バカ」的なことを書くのは品がない
と思いますが、科学報道とか趣味や仕事で知っていることの報道
を見ると、幅広く満足な教養を期待することの難しさは感じます。


(まだ、ましな例:読売新聞)
学術や研究、芸術、スポーツなどの分野で活躍した人に贈られる紫綬褒章には、
俳優の役所広司(本名・橋本広司)さん(56)や、漫画家の萩尾望都(もと)
さん(62)ら25人が選ばれた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120427-OYT1T01150.htm

そんな中、NHKのニュースは、丁寧に「トーマの心臓」や「ポーの一族」
などの作品~「半神」等の作品・・・と作品の映像も載せて放送していて
通りいっぺんではなく、誤解を招くような紹介でもなく、好印象でした。
たぶん、NHK内にはファンの方がいたのだろうと思います。
多様な人材を抱えておけば失敗は少ないですね。
 



nice!(55)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 55

コメント 18

yamagara22

センダイムシクイは、凄く近くで撮れたんですね。
by yamagara22 (2012-04-29 19:48) 

ハギマシコ

鳥があふれていて羨ましいなあ、、、☆彡
by ハギマシコ (2012-04-29 20:13) 

albireo

いろんな鳥と出会えていいですね~

萩尾望都さんは、僕も好きですが、やはり一般的には、些かマニアックな面もあるかも知れませんね。
それにしても、この件では・・・言っても仕方の無い事ですが、lapisさんのコメントが読みたかった・・・
by albireo (2012-04-29 21:31) 

aya

鳥達も移動の時ですね、見たことのある鳥、見たくても見れない鳥、
でも春分さんのお陰で 見たような気になれます。
有り難うございます♪
by aya (2012-04-29 22:00) 

ねこじたん

焼酎一杯ぐい〜 って…
おいらよ気が合いそうです♪

by ねこじたん (2012-04-29 22:11) 

テリー

色々な鳥が撮影できて、いいですね。
by テリー (2012-04-29 22:53) 

ゴーパ1号

鳥は可愛い。
by ゴーパ1号 (2012-04-29 23:45) 

bluebird

やっぱり鳥好きです。

萩尾望都さん、読売の記事でお名前を見つけて、嬉しかったですよ。
NHKのニュースも偶然見ていて、読み上げられるお名前がなんだか意外というか・・でも嬉しかったです。
高校生の頃読みふけっていました。
by bluebird (2012-04-30 00:52) 

Silvermac

雉に出会ってみたいですね。
by Silvermac (2012-04-30 06:12) 

キタノオドリコ

髭面の虫喰い、なぜに仙台? そして誰が聴きなしたんだろう・・・おもしろいなー。
あ、そうですか? 萩尾さんの顔写真とコメントの囲み記事、a新聞で読みましたけど。
by キタノオドリコ (2012-04-30 07:01) 

ハギマシコ

このほかの聞きなし
[鶴千代 君ー」「チヨチヨ、ビー」なんてのもあります。
ただ、私も[焼酎一杯グイー」が好きですね。
ヒゲはこういう良いカメラじゃないと写らないです(^_-)-☆
by ハギマシコ (2012-04-30 10:37) 

びっけ

小鳥ズから一転して、キジの写真は やっぱり存在感が違いますね。グッと大御所感がしますわ。
キジと言えば、萩尾望都さんのインタビュー記事が読売新聞4月28日の社会面に写真入りで掲載されていました。
3月に刊行されたという「なのはな」を読んでみたくなりました。
今は右手に腱鞘炎を患って、一日三ページが限度だそうですが、新作の構想中だそうです。これからも作品が読めると思うと嬉しいです。(大島さん、や~い!)
by びっけ (2012-04-30 12:05) 

くまら

センダイムシクイ・・・ウグイスよりも小さいんですよね
先日見かけたんですが・・・区別に悩んでました^^;
by くまら (2012-04-30 20:01) 

タックン

こんばんは。
アオジも渡り鳥なんですね。
つい最近まで群れになっていたツグミも
いつに間にか見えなくなりました。
旅立つ時の合図みたいなものがあるのかなぁ。
by タックン (2012-04-30 21:24) 

psvt.abl

いつみても、春分さんの鳥の写真は可愛いですね!
萩尾望都さんの漫画は昔よく読みました。絵が好きでした。
ご本人は今回の受章のインタビューで初めてでしたけど・・・
by psvt.abl (2012-04-30 22:25) 

きまじめさん

鳥の口髭って、見れば見るほど面白いですね。
なんとなく偉そうに見えます。
センダイムシクイ以外にも髭のある鳥はいるのでしょうか。
by きまじめさん (2012-05-01 00:19) 

春分

yamagara22さん、
> センダイムシクイは、凄く近くで撮れたんですね。
声に誘われて近づいたら向こうからやってきてすぐそばにとまりました。
急だったのであわてました。

ハギマシコさん、
> 鳥があふれていて羨ましいなあ、、、☆彡
いつまでもそうだといいのですが。

albireoさん、
> 萩尾望都さんは、僕も好きですが、やはり一般的には、些かマニアックな面もあるかも知れませんね。
そうでしょうか。ファーストチョイスっぽい気がしておりました。
というようなことを、話せたらよかったですね。

ayaさん、
> 鳥達も移動の時ですね、見たことのある鳥、見たくても見れない鳥、~
関西では見ない鳥とかもいますしね。見ていって下さい。

ねこじたんさん、
> 焼酎一杯ぐい〜 って…
> おいらと気が合いそうです♪
先日の花見で一緒に選んだ麦焼酎「神の鼓」を買いました。
普段は蕎麦焼酎雲海でしたが、両方ともファミリーマートにありました。

テリーさん、
> 色々な鳥が撮影できて、いいですね。
鳥の出る日はいいのですが、そんな日ばかりではないですし。

ゴーパ1号さん、
> 鳥は可愛い。
でしょう。次もいいですよ。

bluebirdさん、
> 萩尾望都さん、読売の記事でお名前を見つけて、嬉しかったですよ。
ですよね。

> 高校生の頃読みふけっていました。
そうですよねー、  って、どのあたりかな。
私の高校の頃と言うと、「小鳥の巣」あたりか。
例のロビン・カーの死因を確かめにエドガーとアランが中洲の学校に転校してきて・・・
ちょうどいい時代でした。社会人になってからのプチフラワーのは今ひとつなじめず・・

Silvermacさん、
> 雉に出会ってみたいですね。
毎日会えてます。幸福なことです。

キタノオドリコさん、
> 髭面の虫喰い、なぜに仙台? そして誰が聴きなしたんだろう・・・おもしろいなー。
調べると何でも載っている便利な世の中です。
次のハギマシコお師匠さまのコメントにもあります通り、「鶴千代ぎみー」という聴きなし
がございまして、伊達騒動が元の歌舞伎「伽羅千代萩」(メイボクセンダイハギ)で、毒殺
されかかった若君の身代わりとなって乳母が死ぬそうで、若君の名が鶴千代君で、と。

ハギマシコさん、
> このほかの聞きなし
> 「鶴千代 君ー」「チヨチヨ、ビー」なんてのもあります。
> ただ、私も[焼酎一杯グイー」が好きですね。
私は焼酎のやつしか知りませんでした。まあ、上品ぶってもいけないし。

> ヒゲはこういう良いカメラじゃないと写らないです(^_-)-☆
面白いものが写りますね。

びっけさん、
> キジと言えば、萩尾望都さんのインタビュー記事が読売新聞4月28日の社会面に写真入りで
> 掲載されていました。
そうですか。思ったよりも皆さんの理解があったのか、ファンがあちこちにいたのか。
「吸血鬼の漫画で人気が出て~」みたいな書き方はとても残念でした。
まあ、嘘はないのかもしれないが。

> これからも作品が読めると思うと嬉しいです。(大島さん、や~い!)
プチフラワー以降の作品はどうも好きではなくて。
大島先生もまあいいのかな。新しい才能が現れることを期待しよう。
往年の先生たちのお子さんがとかもいい夢なのだけど、皆さんお一人だしな。
まあ、萩尾望都先生は両親との確執というやつがな・・・。

くまらさん、
> センダイムシクイ・・・ウグイスよりも小さいんですよね
> 先日見かけたんですが・・・区別に悩んでました^^;
私も、「ウグイス?」と思いました。心の奥底では「違う、ムシクイだっ」と思ってましたが。

タックンさん、
> アオジも渡り鳥なんですね。
冬は日本の真ん中より西、夏は真ん中より北にいるらしいですね。
私にとっては冬は近所の普通の鳥、夏は山(奥日光)の普通の鳥ですね。

> 旅立つ時の合図みたいなものがあるのかなぁ。
打ち合わせや飲み会の終わりのような感じで「さて、そろそろ」みたいに思うのでしょう。

psvt.ablさん、
> 萩尾望都さんの漫画は昔よく読みました。絵が好きでした。
> ご本人は今回の受章のインタビューで初めてでしたけど・・・
私はずいぶん前から写真は拝見しておりました。
30年ほどたっても、印象はちっとも変わらないです。

きまじめさん、
> センダイムシクイ以外にも髭のある鳥はいるのでしょうか。
調べると何でも載っている便利な世の中です。
いろいろな鳥のヒゲが載ったブログ記事がありました。他にもあるようですね。
私が鳥のヒゲを意識したのはアライグマのラスカルの話の中で主人公のスターリングが
父親とホイッパーウィル(アメリカの夜鷹のような鳥)の飛翔を見に行く話の中で、
博識の父親がホイッパーウィルのヒゲの話をする行がありました。
あの本に導かれてこんなことを書いているように思います。

by 春分 (2012-05-01 13:51) 

スミッチ

萩尾望都先生が選ばれたのは良かったですね。そういうものも認めてくれるんだと、報道だと今の話題で動いてしまいますよね。NHKは価値の考え方が少々違うんでしょうね
通り過ぎる鳥、出会えるとうれしいですよね
by スミッチ (2012-05-04 22:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。