So-net無料ブログ作成
検索選択

今年は新しい鳥を見ずに終わるのかと [鳥達]

古くからのブログ仲間には知って頂いております通り、
私が鳥を撮り始めたのはそう昔のことではなく、
2005年にブログをはじめ、キジが撮りたいものだとS2ISを買い、
2006年の冬に井頭公園で初めて撮った鳥はジョウビタキでした。
その年末には一眼レフと言うものがいいらしいとKissデジXを買って、
2007年はサシバとの出会いや探鳥オフ会の開始で新鳥撮り放題。
2008年は東北オフ会も行ってマガンやタゲリだけでなくオジロワシ
等も見たし、2009年には何やら白いレンズが良いらしいと気づき
何とか買った100-400mm白レンズでコマドリも撮りました。
暗い湖畔の森でコマドリを撮るなら7Dが欲しかったと今は思います。
EOS7Dを買ったのは2009年末でした。
ある意味フル装備となった2010年は、オオジシギやイワヒバリを
撮りました。鳥を撮るため早起きし山にも登るようになっていました。
2011年はユキホオジロ他、北海道の鳥を見ました。
ああ、しかし。

今年は気がつくと新しい鳥を撮っていないのではなかったか?
努力しなかったわけではないです。アカガシラサギがいると聞いて
暑い葛西臨海公園にも行きました(会えなかったけども)。あるいは、
白根山にももう一度行きました。カヤククグリやホシガラスできれば
ハリオアマツバメのどれかに出会えるかと思ったのですが(出会え
なかった上にせっかく買った魚眼レンズを失くす大失態でした)。
撮っていない普通の鳥はまだまだいるのに(アマサギとかアオバト
とかキョウジョシギとか普通にクロジとかも撮ってないし、まだまだ
いろいろいますよね)。
やはり今年は家庭と仕事を大切にし過ぎたか(←つっこみどころ)。

いやまだ今年は1週間あるじゃないか。
とりあえず、奥日光に行こうじゃないか・・・・

IMG_3931.JPG
と、行って来ました。
 
中善寺湖ではオオワシが出ていると言うし(大学の時の友人達が
見たとfacebookに書いていました。強運のやつらです)。
そうじゃなくても、月初めにはヒレンジャクとキレンジャクがいたとか。
キレンジャクは以前戦場ヶ原で撮っていますがヒレンジャクは撮って
ません。更に冬季の湯川にはアオシギがいるという話です。
それに、以前は知らないうちにオオモズを撮っていたということも
ありましたし、奥日光には何かあると思ってみたわけです。
と言うか、
座して死を待つことはしたくない(そんな大袈裟な話ではないが)。

IMG_5897.JPG
カワガラス(河烏) 学名Cinclus pallasii  英名Brown Dipper  



 

IMG_3955.JPG
いつも通り戦場ヶ原を赤沼から湯滝まで歩くコースでした。
この秋は忌中とか熊が出たとかとても出かけられなかったが。
それで行って帰って3時間程、昼食を遅くして中善寺湖畔にも
寄ろうと思いました(オオワシねらいですね)。
 
IMG_3902.JPG
前日は雪で、午後からも雪の予報の日でしたので、
朝御飯を食べてからゆっくり出かけました。
途中の道路はいろは坂を含め乾いていましたが、中善寺湖から
上はやや凍ったところも。また赤沼の駐車場は閉まっていました。
赤沼茶屋の前の10台くらいの駐車場で何とかなっていましたが。

戦場ヶ原の木道は殆ど雪に覆われていました。霜でつるつるより
歩きやすいですけどね(靴の上からつける滑り止めは持っていま
したが使わずに終わりました)。


IMG_5835.JPG
ツルウメモドキ(クリックすると大きな写真が開きます)

天候は良好、陽射しは途切れることなく、風もありませんでした。


IMG_5818.JPG
ゴジュウカラ(五十雀)学名Sitta europaea 英名Eurasian nuthatch

ゴジュウカラとかこの場所での普通の鳥はたくさん出ました。


IMG_5862.JPG
エナガ(柄長) 学名Aegithalos caudatus 英名Long-tailed Tit

ここ以外でも普通の鳥もたくさんいたか。
 
IMG_5839s.jpg
雪の原の向こうに三本松茶屋が見えていました。白樺が美しい
(これもクリックすると大きくなる写真です)。

IMG_5948.JPG
キバシリ(木走) 学名Certhia familiaris 英名Treecreeper
 
IMG_5940.JPG
ミソサザイ(鷦鷯)学名Troglodytes troglodytes 英名Winter wren

この時期に湯川辺りを歩いたことはなかったので、
ミソサザイやカワガラスが出るのかもわからなかったのですが、
フライフィッシャーのいない季節のためか、何羽も現れて、
上記写真などは近すぎてフォーカスが合ったのはやっとこれくらい。
いえいえ、もちろんうれしい悲鳴です。満足の鳥撮り散策。

IMG_5896s.jpg
カワガラス(クリックすると大きな写真が開きます。)
 
いや、でもそれらはいつもの鳥なわけです。

きっと君は来ない♪ 頭の中を山下達郎の歌が流れ始めた頃、
 
IMG_5911.JPG
ということで、上記写真なのですが、一応見たことになるかと思います。
 
撮れたとは言えないかもしれませんね。
少し、大きくしてみてもこんな様子です。
IMG_5911up.jpg
アオシギ(青鷸/青鴫) 学名 Gallinago solitaria 英名 Solitary Snipe

この時期この辺でですから、アオシギでいいのかと思います。

川沿いを歩いているときに足元から飛び立ちました。

IMG_5956.JPG

結局、湖畔でオオワシは出ることもなく、
ヒレンジャクも出ず。クリスマスイブイブの探鳥終了。

IMG_5977.JPG
コガラ(小雀) 学名Parus montanus 英名Willow tit  
 
とりあえず、今年も新しい鳥が撮れたということで今これを
書いていましたところ、もしかするとセンダイムシクイを撮った
のは意外にも今年が初めてであったかと後から気がついて、
まあ、いいや。いい日でした。



ああ、
いけない。鳥ブログになっている。
来年は少し何とか新しい工夫をしないとな。


nice!(47)  コメント(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 47

コメント 14

hiroki

アオシギ、うらやましいです。
by hiroki (2012-12-24 19:18) 

ハギマシコ

素晴らしい鳥ブログです(^^♪  しかし、、、多才な春分様
決してそれだけじゃ無くて、、いろいろな方面も内容が深いですし、、、、。
アオシギ見れて良かったですね。私の場合湯滝の流れの下か
小滝の滝の上で3羽見た事があります。

by ハギマシコ (2012-12-24 21:58) 

albireo

家庭と仕事があってこそのブログですね・・・と、一応つっこんで置きましょう。
ご期待に沿えるかどうかは、定かではありませんが・・・
新しいテーマの追及は、飽くなき好奇心のある限りは必然であろうと思います。
今年の春分さんのブログでは、仏像写真が際立って見えたのは、仏像好きの僕だけでしょうか?
by albireo (2012-12-24 23:02) 

キタノオドリコ

装備は万全、あとは出会うだけ・・・で、年末、この寒気の中で出かけられたのですね。
その行動力、うらやましくも素敵なことだと思います。
それもこれも家庭と仕事を大事にしてきたご褒美、と納得しましょう(笑)。
by キタノオドリコ (2012-12-25 06:52) 

くまら

さむそーーですが
ゴジュウカラやキバシリ、ミソサザイに出遭えるのなら
おいらも見に行きたい
by くまら (2012-12-25 08:18) 

Silvermac

昔、雉をよく撮られていたのと記憶してしていますが、どんなところにお住まいだろうかと思いました。
最近、買わせみをっぷする方が多いのですが、都会でもよく見る鳥になったようですね。
by Silvermac (2012-12-25 10:29) 

psvt.abl

私は撮影できた鳥が今まで10種類いるか?いないか?
今年は初カワセミでした。カワセミ撮影のカメラマンさんたちは優しくいろいろなことえを教えてくれます。
by psvt.abl (2012-12-25 12:38) 

招き猫

カワガラスを京都府北部で一度だけ見たことがあります。
動きが面白くて、川に潜ってしまって姿が見えないのにその潜った場所だけを撮った写真もブログに載せました。
私から見ると春分さんの望みはなんて贅沢なんだろう・・・、と思います。
あ、ご家庭とお仕事に恵まれていらっしゃることも。
by 招き猫 (2012-12-25 14:36) 

aya

春分さんの、コマドリ見せていただきました。 綺麗な鳥ですね!
星空のステラに出てくるコマドリ、憧れていました。
そして一番みたい鳥、ミソサザイ、綺麗に撮れていますね、
見たいなぁ(^-^)V   
by aya (2012-12-25 22:38) 

ぜふ

元々は鳥ブログではなかったんですか・・
はまると深そうなので、鳥とは一定の距離を確保することにしていますが、
カワガラスのダイブは一度見てみたいと思います。 まず見れないと思いますが^^;
ミソサザイも見目麗しいですね~ (目の毒です^^)
by ぜふ (2012-12-25 22:38) 

旅爺さん

こんばんは~~♪。
もう鳥の本が出来る以上に写真が溜まったでしょうね。
竜頭の滝から登った山でたらい位大きな巣を見つけた事があります。
凄い寒さが続いてますが、風邪等引かない様にね。
これからは大みそかにお正月ですが楽しくお過ごしくださいね 。
by 旅爺さん (2012-12-26 18:06) 

puripuri

こちらで珍しい(私にとって)鳥さん達がいるものだと知りました。
カワガラス? 都会に出没するカラスとも違うのかしら・・・
仕事人は家庭があってのものですから大切にしなくては。
寒い日が続きますね。風邪を引きませぬように、、来年もよろしくお願いいたします。
by puripuri (2012-12-28 21:15) 

sakamono

確かに素晴しい鳥ブログですね^^。春分さんの鳥ブログへの歩みを見ると
一段ずつ階段を上っていったのが分かります。
雪の中の鳥たちが、どれも美しいです。
by sakamono (2012-12-31 13:38) 

春分

hirokiさん、
> アオシギ、うらやましいです。
ストレートな感想、ありがとうございます。
いつもはhirokiさんをうらやましく思っていますけども。

ハギマシコさん、
> アオシギ見れて良かったですね。私の場合湯滝の流れの下か
> 小滝の滝の上で3羽見た事があります。
詳しくは申しませんが、私は小滝の下で見ました。
上はあまりちゃんと見なかった。次は情報を利用させて頂きます。

albireoさん、
> 今年の春分さんのブログでは、仏像写真が際立って見えたのは、仏像好きの僕だけでしょうか?
自分では気がついていなかったです。そんな年だったのかもしれません。
いつもありがとうございます。いろいろ教えてもらってばかりです。

キタノオドリコさん、
> 装備は万全、あとは出会うだけ・・・で、年末、この寒気の中で出かけられたのですね。
> その行動力、うらやましくも素敵なことだと思います。
いや、どうなんでしょう。流され勝ちだし、周りを見てもまだまだ足りないとも思う。
さて、本当のところはどうなのでしょう。

くまらさん、
> さむそーーですが
> ゴジュウカラやキバシリ、ミソサザイに出遭えるのなら
> おいらも見に行きたい
とりあえず、これらは冬じゃなくても見られますけどね。5月の北海道とかでも。
でも、冬のキバシリとかはいかにもの雰囲気でいい物です。さあ、出かけましょう。

Silvermacさん、
> 昔、雉をよく撮られていたのと記憶してしていますが、どんなところにお住まいだろうかと思いました。
普通の郊外の住宅地ですが、ちょうど山から鳥が下りてくる辺りになるのかもしれません。

> 最近、カワセミをアップする方が多いのですが、都会でもよく見る鳥になったようですね。
確かに一般的な鳥になった気がします。私は一箇所で待って撮るのは苦手なのでカワセミは
メインには撮らないです。少し歩くのが苦手になったら狙ってみたい気はしますが。
飛び込むところと求愛で魚を渡すところとか、撮ってないしぐさは多くありますしね。

psvt.ablさん、
> 今年は初カワセミでした。カワセミ撮影のカメラマンさんたちは優しく
> いろいろなことえを教えてくれます。
カメラマン達は女子には優しいのですよね。
いや、私もそうかな。いや、どうかな。

招き猫さん、
> 私から見ると春分さんの望みはなんて贅沢なんだろう・・・、と思います。
すみません。

> あ、ご家庭とお仕事に恵まれていらっしゃることも。
そうですね。
運がよかったのか、案外努力したのか。
まあ、運命を生きます。もっと昇れるなら昇る。だめなら留まります。

ayaさん、
> そして一番みたい鳥、ミソサザイ、綺麗に撮れていますね、
> 見たいなぁ(^-^)V   
見てよしですが、ぜひ声を聴いて頂きたい。
小さい鳥なのに大きな声です。苦労してでも聴いて損はないです。

ぜふさん、
> 元々は鳥ブログではなかったんですか・・
今でも違うはずなのですが、時々忘れています。

> はまると深そうなので、鳥とは一定の距離を確保することにしていますが、
> カワガラスのダイブは一度見てみたいと思います。 まず見れないと思いますが^^;
> ミソサザイも見目麗しいですね~ (目の毒です^^)
トンボ好きだし、水辺好きですね。
写真としては、鳥の方がトンボよりも簡単かもしれませんよ。何と言っても大きい。

旅爺さん、
> 竜頭の滝から登った山でたらい位大きな巣を見つけた事があります。
今頃の季節ですか?それはもしかしてクマの作った熊棚では。危ないかも。

> これからは大みそかにお正月ですが楽しくお過ごしくださいね 。
とりあえず、今は時々民放をチェックしつつ紅白を見ております。

puripuriさん、
> こちらで珍しい(私にとって)鳥さん達がいるものだと知りました。
興味がないとスズメとカラスとハトだけしかいないように思いますけど、
良く見るとスズメに見えるカワラヒワとかカラスと思ってもタカだったり。

> カワガラス? 都会に出没するカラスとも違うのかしら・・・
そこはだいぶ違います。ハトより小さいから。

sakamonoさん、
> 確かに素晴しい鳥ブログですね^^。春分さんの鳥ブログへの歩みを見ると
> 一段ずつ階段を上っていったのが分かります。
ずぶずぶという音が聞こえてますか。
それは上がっている音じゃないのだけど。
by 春分 (2012-12-31 23:02) 

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。