So-net無料ブログ作成

金沢・富山旅行 [旅行]

連休前に富山で仕事があったので、ついでに旅行をして来ました。

少しだけ富山市近辺を回るつもりが、金沢も行って、能登島まで足を伸ばし、
なかなか大旅行になってしまいました。

017.JPG
金沢は、長女も呼んで家族3人旅行です。

おいしいご飯を食べて、 21世紀美術館と兼六園を見て、そんな普通の旅。


普通の旅のはずが、いきなり最初から長女寝坊とのことで。

何となく予感があったので、メールで釘をさしておいたのに。
切符変更、合流もうまく行かず、新幹線に飛び乗り、
予約していた昼ご飯もどう頑張っても15分遅れ。
居酒屋なら良いだろうけど、今回は奮発して老舗料亭なんだが。

とりあえず、座席で合流。
変更した座席だから、ばらばらで3人掛けの真ん中。
でも、長野でたくさん降りたから、窓の側へ移動。

P4230035.JPG 
なんと、直後に
環水平アークが!

振り返ると、最初がすごくて、だんだん尻すぼみの旅でした。
近くの席の奥さんと長女に「見ろ、彩雲だ!」と言ったけど
(彩雲と環水平アークの違いがわかってなかった。今はわかるが
)、
反応が鈍い。まったく、わかってない。環水平アークなのに。

ともかく、 
駅そばのホテルに荷物を預けて、余裕でタクシーで乗り付ける予定が
ばたばたと、遅刻を言い訳しながら老舗料亭入り。
直前に付け焼刃で読んだ「仕事ができる人は店での『所作
も美しい」の通り
きちんと時間通りにつくはずだったのに。
 
タクシー内で、せめて指輪と時計を外してと(が、あせると抜けない)。

P4230066.JPG

松尾芭蕉が句会を開いた庵を移築したとかの部屋へ。
 
P4230074.JPG
正直、いつもよりかなりお値段がかかってます。

突出と八寸は、どんな順番で食べたものかすでにわからないが。
とりあえずお箸が濡れているのはわざとだと理解しておりました。
一応、お茶の心得のある両親だったので。私は一切手を出さなかったが。
 
P4230092.JPG 

でも、きれいな器は好きだな。鳥がついていれば、なおさらだ。

そして、
和食の華は、

IMG_6991.JPG
鯛しんじょう。

これは、今も感動が蘇る味。 さすがの味。

P4230116.JPG 
お椀の柄はカトレアだな。
これも華やかだな。

まあ、全部は載せませんけどね。
お昼は、付出 八寸 吸物 お造り 焼物 煮物 酢物 留 留椀 香物 水菓子です。
 
まあ、お造りは、載せます。
P4230098.JPG
手前のは、サヨリでした。
 
焼き物は、お約束のノドグロでしたが、
IMG_7005.JPG
皿の柄が、伝統の柄とのことで「蓮の葉に青海波(せいがいは)」です。
不思議な柄ですね。そして、鳥は何の鳥やらよくわからない。
 
おいしかったのは、ノドグロ以上に揚げた山芋か。

煮物は、加賀と言えばの、治部煮。
P4230109.JPG
結ばれた麩が、何とかと言う麩で、結ばれていて縁起が良い・・・。

昼なので、少し控え目に飲んでましたが、おいしいお酒でした。
余計なことは、忘れていいかと。

最初の杯に1杯は、みなお酒のお約束だそうですが、
その後は、他の二人はもっぱら加賀棒茶。顔に出たり、足を取られたりするし。
加賀棒茶もとてもおいしいですが、ちょっともったいない話です。
 
ちなみに、箸置きは琵琶ですね。
P4230123.JPG

それにしても、筍の季節で良かった。 美味かった。
 
P4230126.JPG
もっとも、冬こそ北陸の味を堪能できるのでしょうけども、
カニは、紅ズワイガニの雄の季節には間に合ったようです。
これがそうかはわかりませんが。
 
全部は載せないと申しましたので、鰻の蒸し寿司は載せませんが、
水菓子は必要かな。
P4230146.JPG
桜のアイスです。
 
P4230160_edited-1.jpg
そして、やっぱり、〆はお抹茶。

やっぱり、撮ったらほとんど載せてますね。

もちろん料亭ですし、これだけおいしいのであれば出されたらすぐ食べるのが
作法でしょうが、注意深く配慮して、「写真が好きで」とお断りして、
料理はみんなできちんと楽しんでましたし、
許される範囲のことと思います。

P4230150.JPG
窓の外は犀川ですね。桜の頃ならまた美しかったでしょう。
もっとも、その頃は、予約が取れないかな。
 
私たちとしては、身の程をわきまえない特別な価格帯の昼ご飯でしたが、
おかげで特別な旅になりました。これだけで、スペシャル。
金沢で料亭。
良いと思います。
 
お昼ご飯の後は、21世紀美術館と兼六園を歩きました。
こちらも3人で大満足。
私だけは21世紀美術館は2回目だから、薀蓄も語れたし。

P4230163.JPG

良い旅になりました。

もう、連休もあと少しですし、
続きは書かないかもしれませんが、まあその時はその時で。
とりあえず、金沢の旅でした。


仕事ができる人は店での「所作」も美しい 一流とつき合うための41のヒント

仕事ができる人は店での「所作」も美しい 一流とつき合うための41のヒント

  • 作者: 北村 森
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2015/05/20
  • メディア: 単行本

この本は良い本でした。
利用する機会はほぼないかもしれないけど。 


nice!(33)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 33

コメント 9

ねこじたん

料理も素晴らしいですが
器にほれぼれです
芸術の金沢だな〜
いきたいな〜
by ねこじたん (2016-05-06 06:16) 

okko

ねこじたんさん同様、器に目が・・・お刺身が盛ってあるの、なかなかですね。
キリコのデカンターも。

好きな町の1つです。
by okko (2016-05-06 14:25) 

招き猫

座って味わいながら芸術鑑賞。
老舗料亭というところはまるで美術館ですね。
春分さんがお撮りになった写真も素晴らしい。
by 招き猫 (2016-05-06 20:30) 

キタノオドリコ

おぉ、老舗料亭での所作は時計と指輪をはずすとな。絵を借りる時のチェックの所作と同んなじだぁ。
青海波の皿、九谷ですか?
はしりあり、名残りあり、たまにはこんなところで「日本人でよかったぁ~」と食事してみたいものです。
by キタノオドリコ (2016-05-07 06:57) 

きまじめさん

料理はもちろんですが、皆さんも言われている通り
器に目を奪われたしまいました。
蓋物とお造りを盛り付けているお皿が特に気になりました。
by きまじめさん (2016-05-07 23:59) 

sasasa

金沢は、美味しいものも、
綺麗なところも沢山ありますよね(^_^)
by sasasa (2016-05-08 21:56) 

nikkin

春分さん お久しぶりです。
「環水平アーク」  4月23日は関東地方を中心に、広い範囲で確認されたそうですね。
彩雲だとばかり思っていましたが、貴重な知識をお伝えいただきありがとうございました。私の世界が広がりました。
by nikkin (2016-05-09 17:48) 

あゆこ

春分さんの久々の投稿、しかも美味しそうなものがいっぱいで嬉しいです!
三月末、オリンパス一眼を譲り受けて写真に目覚めてまして、春分さんのブログを再度見直させて頂いてます(*˘︶˘*).。.:*
by あゆこ (2016-05-11 03:48) 

sakamono

1枚目の写真から、引き込まれました。
金沢で料亭、特別な価格帯、と素晴らしいキーワードが並んでいます。
やっぱり北陸は良い。
老舗料亭なんかに行く機会があるかなぁ...^^;。
by sakamono (2016-05-17 23:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0